FC2ブログ

腰痛対策:足湯

立春が過ぎたものの、まだまだ寒い毎日が続きますね。2月に入って、冷えによる腰痛を訴える患者様が増えてまいりました
この時期に腰痛が悪化する方の多くに、身体の深部の冷えがみられます。本格的に寒くなる前から足湯、腹巻、ウォーキングなどで体調を管理されてきた方は治療が始まるとすぐに爪先までポカポカと温まりますが、身体の深部、特に骨盤内に冷えが残っている方は氷のような爪先がなかなか温まりません。就寝時、布団に入ってからもしばらく爪先が冷たいまま...という方は、足湯をたっぷり行ってから寝る習慣を作ることをおすすめします

足湯をするときには、バケツでも、洗面器でも結構です。下記の写真のようにな空気で膨らませる足湯用の小さなプールを取り扱っている100円ショップもあります。足首が隠れるくらいに、39~40℃のお湯を張ります。お風呂よりも少し低めの温度でも大丈夫です。足を浸して、湯温が下がってきたら近くに置いたポットなどから湯を少しずつ足します。20分くらいで額から滝のような汗が出てくれば、成功です! なかなか額から汗が出てこない場合は、足で温められた血流が、骨盤の中を通るときに冷やされてしまい、心臓に温かい血が戻っていない証拠です。毎日根気よく続けて、20~30分で汗が出てくるようになるまでがんばりましょう。


足湯
by Theracua Staff  at 21:49 |  健康ニュース |   |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Theracua Staff

Author:Theracua Staff
鍼灸治療院セラキュア
ホームページへ

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック