FC2ブログ

卵巣年齢と血液型の関係は

血液型別ダイエットというのを聞いたことがありますか。一説によると、血液型によって体質や代謝に違いがあるといいます。でも、これまで”A型とO型のどちらが妊娠しやすいか?”というようなことは考えたことがありますか?

今回はアメリカ発のニュースをご紹介します。アメリカのエール大学が’Human Reproduction(ヒトの生殖)’という雑誌に発表した記事によりますと、『血液型は卵巣予備能、つまり女性のもつ卵子の数や質に関連があるのか』というテーマを検証したとのことです。

そのリサーチでは不妊治療を行なっている女性544人を対象に、血中FSH(卵胞刺激ホルモン)値から卵巣予備能を算出しました。研究チームは『O型の女性はA型やAB型の女性に比べ倍近くのFSH値を示し、卵巣予備能は低い』との結論に至りました。『A型の女性の予備能がいちばん高い』とも発表しています。

『不妊治療をしている女性を母数に検証しているため、一般論にはならない』と付け加えていますが、『若い女性のなかでFSHの値が高い方は、医療機関で一度予備能を検査したほうがいいかもしれません』とのアドバイスも。

日本ではA型がいちばん多いそうですが、O型の女性には気になるニュースですよね。

卵巣予備機能といえば、最近は日本でもAMH(抗ミュラー管ホルモン)の検査で卵巣年齢を確認できる病院が増えてきたようです。かなり正確な結果がでると言われていますが、当院の患者様でAMHの結果からもう妊娠が難しいと言われた方が数人、体外受精やタイミング法で妊娠されています。データはデータとして冷静に受け止めて、それ以外のところで体調管理をしっかり行なうことで、妊娠の確率を高めることができると当院では考えています。

セラキュアではO型の方も他の血液型と遜色無く妊娠しておりますので、あまり不安にならないで下さいね

by Theracua Staff  at 18:24 |  妊娠にまつわるお話 |   |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Theracua Staff

Author:Theracua Staff
鍼灸治療院セラキュア
ホームページへ

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック