FC2ブログ

メトロポリスに妊婦ケアをする治療院として掲載されました!

暑い日が続きますが皆様お元気ですか? 

在日外国人向けフリーペーパー「メトロポリス」に、セラキュアがマタニティケアを行う鍼灸院として紹介されました! 

英語の記事ですが、是非一度ご覧になって下さい。

ここをクリックすると掲載ページにジャンプできます。
スポンサーサイト



テーマ: 健康 -  ジャンル: ヘルス・ダイエット
by Theracua Staff  at 18:54 |  メディアニュース |   |  trackback (0)  |  page top ↑

イラク 帝王切開時に鍼で薬の使用を軽減

梅雨のじめじめした気候が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
これを過ぎればいよいよ夏到来ですね!

今日はワシントンポストに掲載された鍼灸に関する興味深いニュースをお届けします。

薬の不足時に鍼を使用したイラクの医師たち
(2010年4月29日ワシントンポストの記事より)

長年の内戦により首都での薬の不足に直面したイラクの医師達は、帝王切開時に鍼を使用し薬の使用を押さえることに成功しました。

バグダッド病院での200の症例に基づいた研究報告によると、この研究に関わった医師達は古代中国の技術は設備の整った病院での通常の医療行為の中でも使えると述べています。

医師達が鍼を使用したのは、「オキシトシン」とよばれる薬の使用を軽減できるかという目的をもって行われました。
オキシトシン」は通常帝王切開手術後の女性に子宮収縮と出血のリスクを防ぐため使用されます。また「オキシトシン」は陣痛時に体内に増えるホルモンでもあります。

研究は、2004年から2006年のオキシトシンの在庫が低かった時に、バグダッド赤十字病院の婦人科/産科で帝王切開手術時に行われました。

鍼治療を行った時、多くの患者さんにオキシトシンが不必要、または少ない薬の量ですますことができたと研究報告には述べられています。

このバグダッドの研究によると、分娩後すぐに6本の鍼を足首と足の親指に挿入し、5分から10分刺激を与えたとのことです。

研究の結果、45%の女性が薬無しで済み、また30%の女性が2単位のオキシトシンが必要であったとのことです。
通常与えられるオキシトシンの量は、10から20単位です。そして18%の女性が2から5単位を要し、5単位以上を要したのはわずか4人のみだったそうです。

研究に加わった医師たちは、戦争により十分な薬や近代的な設備がない都市において、鍼は非常に有効だと述べています。

そもそも出産直前から分娩中の鍼灸治療は、東洋医学では昔から一般的に行われてきたものでした。セラキュアでも安産のための鍼灸治療を積極的に行っています。
必要性から生まれた今回の研究ですが、鍼や灸の現代医療におけるさらなる可能性を示唆してくれますね。


テーマ: 健康 -  ジャンル: ヘルス・ダイエット
by Theracua Staff  at 20:22 |  妊娠にまつわるお話 |   |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Theracua Staff

Author:Theracua Staff
鍼灸治療院セラキュア
ホームページへ

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック