FC2ブログ

ハイヒールは身体に悪い?後編

こんにちは。春真っ盛り!ですね。
「ハイヒールは身体に悪い?」の後編をお届けします



ヒールを履く女性たちは履かない女性に比べると短くてより強引な歩き方で歩いており、また足は絶えず曲がった、親指の尖った状態にあった。この動きのパターンは彼女たちがハイヒールを脱いで裸足で歩いても続いていた。

ふくらはぎの筋繊維は短くなり、また対照群に比べるとより大きい負担がふくらはぎにかかっていた。コントロール群の滅多にヒールを履かない女性たちは、特にアキレス腱を含む腱群に負荷をかけたり伸展しながら歩いていた。しかしヒールを履く女性たちは主に筋肉のみを使って歩いていた。


「歩行中に、筋肉と腱の長さはおおよそ同じ長さになる。腱は伸びた時に伸縮性が高まり、足が地面に着いた時に跳ね返る様に元に戻ります。腱は筋肉より効率の良いばねなのです。」

「従ってすでに短くなっているふくらはぎの筋肉に負荷をかけたり伸縮させて、ヒールを履く女性たちは非効率的に歩いている。フラットシューズを履く人と同じように歩くためにより多くのエネルギーを必要とし、おそらく筋疲労も起こしている。」

この発見によってはっきりとした問題点が見えてきた、しかしながら、だから何だというのだろう?ふくらはぎの筋繊維が短くなり歩行中に腱を使わないということが大きな問題なのだろうか?たとえばルブタンのハイヒールが大好きな女性にとって??

生体力学者にとってこの問題は答えることが難しいとクロニン博士は認める。
美的感覚は科学の範疇外だ。しかし、そこには怪我の危険性がある。

「ヒールを履いて歩く時の大きな筋肉の負荷は、ストレス性障害を引き起こしやすいと私たちは考えています。」

このリスクはヒールを履く女性達がぺたんこ靴やスニーカーに履き替えても引き続き残ります。仕事中いつもヒールを履いている女性達の足のポジションは、足の構造や靭帯を楽にするため変化しています。そこでクロックスやスニーカーに履き替えると足にとってはまた新しい環境となり、怪我のリスクを高めます

もしあなたがヒール靴を履き、筋肉や靭帯の状態も気にかけるのであれば、博士のアドバイスは簡単だ。

可能な限り足に楽な靴を履き、ハイヒールは週に1、2回にしておくこと。もしそれが難しいならば、机に座っているような時はできる限りハイヒールを脱ぐ事、だそうだ。



ハイヒールを履くと足の筋肉や腱の問題だけではなく、骨盤の位置も前に倒れて身体全体のアンバランスに繋がっていきます。
セラキュアでは骨盤を正しい位置に戻す調整やエクササイズの指導も行っていますのでお気軽にご相談ください。
スポンサーサイト



by Theracua Staff  at 09:37 |  美容ニュース |   |  trackback (0)  |  page top ↑

ハイヒールは身体に悪い?前編

こんにちは。

ようやく春らしい陽気となり、街は春物ファッションで彩られてますね。
おしゃれは足元から。。。ということで、新作のハイヒールに胸躍らせる方も多いのではないでしょうか。
そんなハイヒールですが、実際足、そして身体への影響は良いのでしょうか。。?
最新のオーストラリアからの研究結果をお届けします。



科学的見地からみたハイヒールの危険性
(1月25日付 ニューヨークタイムズより)

オーストラリアはクイーンズランド州のグリフィス大学のキャンパスで、筋骨格のリサーチをしている博士研究員のクロニン氏は同僚とコーヒーを飲みながら目の前を通り過ぎるハイヒールを履いた若い女性を眺めてふと思った。
「なんだか快適じゃなさそうだし、ぐらぐらしてるな。。。」

これが他の観察者、特に女性だったら彼女に同情の念を覚えるかもしくはどこでそのハイヒールを買ったのかが気になるかもしれない。しかし、歩行の生体力学を研究している彼らにとっては、彼女の歩き方の科学的な影響について印象が残った。
「僕たちはハイヒールを履く事によって筋肉や腱で何が起きるんだろうって考え始めたんだ」

靴が人間の歩行にどう影響するかは、近頃多いに議論の余地のあるテーマだ。例えば、裸足でのジョギングはどんどん信者を増やしている。未だ科学的に解明はされていないけれど、クッションのある近代的なランニングシューズは足の強さや固有受容器(身体の位置感覚)の働きを弱め、ジョギング中の怪我を引き起こす、という具合だ。

ハイヒールが履く人の生体力学や怪我のリスクに影響を及ぼすかどうか、科学的な注目はそんなに引いていないが、そうだとしても多くの女性はほぼ毎日のようにハイヒールを履いている。そんなわけで、この類いの研究としては最初の一つとして、オーストラリアの研究者たちは最低二年間、1週間につき40時間以上ハイヒールを履いている若い女性を9人集めた。さらにコントロール群としてほとんどハイヒールを履かない女性も10人集めた。女性の年齢は10代後半から20代、そして30代前半である。

研究者はハイヒールを履く女性たちにお気に入りのハイヒールを研究室に持って来てくれるよう頼んだ。両方のグループの女性は、足の筋肉の動きを測るための電極、モーションキャプチャ反射マーカーをつけられた。また超音波プローブも足の筋繊維の長さを測るため取り付けられた。

すべての被験者の女性は、歩行中の力の発生を測る約8メートルの通路を何度も歩行した。コントロール群の女性は裸足で10回歩き、別のグループの女性は裸足で10回とヒールを履いて10回歩いた。

結果は明らかで、コーヒーブレイクに科学者が女性の歩き方を観察しながら推察した通り、いつもハイヒールを履かない女性たちと比べるとハイヒールをいつも履いている女性の歩き方は裸足で歩いた時でも何か違っていた。

しかしその違いの範囲と問題の本質は驚くべきものだった。




後編に続きます!!
by Theracua Staff  at 10:29 |  美容ニュース |   |  trackback (0)  |  page top ↑

布ナプキン

東日本大震災から半年。たび重なる余震や豪雨、台風のニュースが多くなるにつけ、私たちの生活が落ち着かないのは住んでいる場所に限ったことではありません。

生活用品がスーパーマーケットで手に入らなくなった経験を忘れず、「備えあれば憂いなし」とお手元にあったほうが安心とのことで、今回は布ナプキンについて触れます。

当院にも震災後に布ナプキンを購入したスタッフがいます。綿でできたナプキンの使い心地はとても良いそうで、かぶれにくく、肌との摩擦が違うとのことです。お値段は昼用の普通サイズで約2000円程度。サイズによって値段に違いがあるため、自分の生活スタイルにあわせていくつか購入し、布ナプキンと使い捨てナプキンを併用しているそうです。

2011aug9_20110816151443.jpg


また、「肌にやさしい」以外にも、布ナプキンには「エコ・ライフ」、「安心」といった側面もあります。
使い捨てではないので、ゴミを減らし「エコ・ライフ」へ貢献できます。それとともに、出すゴミに対する漠然とした不安感から解放される――これはスタッフの意見です。一人暮らしの女性なら誰しも感じたことがあるかもしれませんね。

東洋医学的にみても、布ナプキンには長所があります。肌へのやさしさがありながらも、高分子吸収体のようなサラサラ感がないのも事実。その感覚は敏感に経血の状態を察知しています。すなわち、経血の状態を見て、なおかつ感じることができるということは、体の微妙なコンディションを把握するうえで大切です。たとえば経血の量。多いのか少ないのか?そして経血の質、ねばりがあるのかさらさらしているのか?また、経血の色も重要なチェックポイントです。濃いのか明るいのか?東洋医学でいう気•血•水のうち、血のめぐりを目で確認できるのは大切なことです。

天然素材
というのも見逃せません。セラキュアでは治療の際に、温灸やホットストーンで下腹部をあたためる場合がありますが、天然素材の布ナプキンを使用することで、化学繊維のナプキンと比べて温かさを維持し、冷えを予防することもできます。

非常時の備え、エコロジー、東洋医学的なメリットと三拍子揃った布ナプキン、ぜひ試してみてください。



by Theracua Staff  at 10:40 |  美容ニュース |   |  trackback (0)  |  page top ↑

美容鍼灸 その1 「鍼で紫外線対策」

暖かくなってきてセラキュアのオススメするパワーウォーキングが快適に出来るようになった今日この頃・・・・

ただし、ご注意ください!
すでに紫外線が、真夏と同じぐらい注いでいます~!
紫外線3

日本では、今では美白ケアや日傘が当たり前になってきましたが、少し昔には母子健康手帳に「日光浴」の必要性という言葉もあったほどです(今は、「外気浴」に変更されました)。それに比べてオーストラリアなどでは、日本よりもっと皮膚がん対策がすすんでいて、子供のころから光老化防止剤としてサンスクリ ーンを塗っているそうです。日本ではサンスクリーンは、まだまだ「化粧品]って言うイメージが強いような気がしますが、見習わなければならないところも沢山ありますね~

さて!皆様は、美容鍼がこの日焼けによるシミシワに効果があるのをご存知でしたか?

これから何回かのシリーズでどうして美容鍼が、日焼けに効くのかお話をしていきたいと思います。

皮膚の構造を簡単に説明しますと、皮膚は一枚の皮ではなくてさまざまな層になって重なり合っています。一番外側の層から表皮、真皮、皮下組織に分かれています。真皮層には、血管や神経などがあり、その90%は皮膚にハリを持たせるコラーゲンで出来ています(皆様よくご存知ですよね~)。

今回のお話は、その上の表皮のお話です。少し長くなりますが、おつき合い下さい~

表皮細胞には、寿命があり常に新陳代謝を繰り返して生まれ変わっているのです。しかし紫外線などによってダメージを受けると表皮の再生のサイクルに支障をきたしてしまいます。そこで、表皮と真皮の間にあるメラニンがその刺激から細胞を守るためちょうど帽子をかぶせた様に 細胞の上にのり遺伝子が傷つくのを防いでくれるのです。これを聞くとメラニンって敵かと思っていたのに実はそうでもない事が分かってきますよね!
とはいえ、お肌を白く保ちたい人にとっては増えて欲しくないものです・・・・
やはり紫外線が強い場合は、メラニンがカバーしきれなくなり細胞や遺伝子にダメージをつくりシミシワなどの美容上での困ったこと、又は皮膚がんの原因にもなってくるわけです。

そのためにも基本的な予防である、サンスクリ ーンをこまめに塗ることや日傘帽子サングラスなどがこの季節の必需品になります。

は肌の新陳代謝に直接アプローチすることが出来ます。もちろんお顔だけの新陳代謝ではなく、お体全体の血流をよくすることにより細胞の生まれ変わりもスムーズになり、シミシワを薄くする効果もアップするわけです。
美顔治療でご来院頂いた方によく、「体にも鍼をするんですか?」とたずねられることがありますが、お顔の新陳代謝を向上するためには、全身の血流を安定させることも大切なのです。というわけでセラキュアの美容鍼は、お顔のみの施術ではなくお体全体もしっかりと診させていただいております。

by Theracua Staff  at 09:54 |  美容ニュース |   |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Theracua Staff

Author:Theracua Staff
鍼灸治療院セラキュア
ホームページへ

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック