FC2ブログ

熱中症にご用心

立秋を過ぎ、暦の上では残暑となりましたが、連日猛暑日で秋はまだまだ感じられませんね。
この時季、引き続き注意していきたいのは熱中症です。

東洋医学的には陰虚の症状が熱中症に似ています。寝汗をかく、不眠、頬が赤くなる、午後から夜にかけてのぼせ感が増したり手足が熱くなる、口の乾き、便が硬い、などが主な症状です。

これらは、身体をうるおし栄養を与える働きがある「陰液(血や唾液、胃液、涙、汗など、体内の水分)」が消耗することでおこります。また、夜更かしやストレスでも悪化しやすいので注意が必要です。

22時から深夜2時までの4時間は、身体に必要な栄養分=陰液を作ってくれる時間。なので、この間にしっかり睡眠をとることが大切です。暑くて寝苦しい夜には、エアコンなどを上手く利用して、寝不足にならないよう心がけましょう。

また、スイカなどの瓜類、そら豆枝や豆などの豆、トマトなどの夏野菜は、身体の熱をとる効果があるので上手に取り入れてみてください。
スポンサーサイト



by Theracua Staff  at 15:57 |  健康ニュース |   |  trackback (0)  |  page top ↑

鍼灸と東洋医学は風邪やインフルエンザに非常に効果的

新年明けましておめでとうございます。
まだまだ寒さ厳しい日々が続きます。

18日付けの国立感染症研究所の発表では、現在インフルエンザに罹った人が昨年の2倍もいるそうです。20歳以上の成人が65%を占めているとのこと、働き盛りの人たちが多く感染しているようですね。

今日は風邪やインフルエンザの予防策、また鍼灸の効果についてのニュースをお届けします。


鍼灸と東洋医学は風邪やインフルエンザに非常に効果的
(メリッサ・ソクルスキ氏、2011年3月1日ナチュラルニュースより)

風邪とインフルエンザの季節がやってきました。伝統中医学は風邪やインフルエンザから私たちを守り、免疫力を高めるという技術であることは長い歴史が証明しています。
鍼や漢方は身体のバランスを整え、強め、また症状が出た時は速やかに回復へ導きます。

伝統中医学では風邪やインフルエンザは身体を侵襲する外側からの「邪気」だと考えます。元気な時はこのような「邪気」に対して身体は戦いますが、あまり元気でなく免疫力が低下している時は勝つ力がなく、頭痛、発熱、身体の痛み、咳や喉の痛みなどの症状が現れてきます。

元気を保ち、風邪やインフルエンザを予防するのに大切なことは、

1、新鮮な果物や野菜をとる健康的な食生活
2、糖分を控えつこと(免疫力を弱くするため)
3、石鹸で手を都度洗うこと
4、外に出て新鮮な空気を吸い、日光を浴びること
5、元気を高め身体のバランスを戻すために鍼灸治療や漢方療法を受ける




”自然療法のインフルエンザ対策ドリンク”

またご自宅でも簡単にできる、インフルエンザからの回復を助けるスペシャルドリンクをご紹介します。

FluShot_20130126182953.jpg

(材料)レモン果汁6個分、にんにく1かけ、しょうが(粉)大さじ2、はちみつ大さじ2、パイナップルジュース3カップ、カイエンパウダー大さじ1/4
(作り方)全ての材料をブレンダーにかける。保存はガラス容器で。症状がなくなるまでカップ1杯分を1日4回飲む。

早めの対策で辛い風邪やインフルエンザに罹ることなく、元気に冬を乗り越えたいですね!
テーマ: 健康 -  ジャンル: ヘルス・ダイエット
by Theracua Staff  at 16:22 |  健康ニュース |   |  trackback (0)  |  page top ↑

糖分取りすぎにご注意

台風一過、秋らしい日々が始まりそうです。
「食欲の秋」到来ですが、暴飲暴食は身体の不調を呼びやすいのでほどほどに、というお話です。
今日は糖分に関するニュースをご紹介します。



糖分とりすぎ注意!
The Journal of Physiology 2012年5月1日号

糖分を摂取しすぎると,記憶力や学習力が低下する可能性があるようだ。

私たちがふだん摂取する糖分は,体型だけでなく,脳のはたらきにも影響するかもしれない。

アメリカ,カリフォルニア大学のアグラワル博士らは,糖分の過剰摂取によって記憶力が低下する可能性を示した。

博士らは,迷路を通り抜けられる ように訓練したラットに,水のかわりに濃度15%の果糖溶液を6週間与え続けた。
このラットをふたたび同じ迷路に入れたところ,水を与え続けたラットにくらべ,通り抜けに約3倍の時間がかかった。

このラットを調べると,「シナプス」(神経細胞どうしをつなぐ部分)での神経伝達物質 の分泌が,約1割減少していたことがわかった。
また、学習したことを記憶する際に大きな役割を果たす「CREB」というタンパク質のはたらきも, 約2割低下していたという。その結果,学習力や記憶力が鈍くなったのだ。
糖分の過剰摂取は,人に対しても同様の影響をおよぼす可能性がある,と博士らは考えている。



甘い物は疲れている時はついつい手が伸びがちですが、取りすぎはいけませんね
テーマ: お役立ち情報 -  ジャンル: ヘルス・ダイエット
by Theracua Staff  at 12:59 |  健康ニュース |   |  trackback (0)  |  page top ↑

うんちの時は「スクワッテイング」

梅雨らしい日が続きますね

今日は、排泄する時の正しい姿勢について、です。

正しい姿勢と言っても、トイレの形なんて決まってるし、と思われる方も多いのではないでしょうか。

日本は本来しゃがむ姿勢で排泄を行う「和式」トイレが主流でしたが、戦後の欧米文化の流入に伴い今ではほとんどのお宅では「西洋式(腰掛)」トイレではないでしょうか。(後で出てきますが、実は「和式」トイレは排泄する上で理想的な形なのです!

世界のトイレの歴史を紐解いてみると、キリスト誕生の遥か以前から腰掛式トイレは東西で存在していたようです。「排泄に適している」というだけで便器の形は決まっていくわけではないのが文化のおもしろいところですが。。

さて話を元に戻して、排泄をする時の正しい姿勢とは。。

答えは、「しゃがむ」ことでした。


anorectalangle-645re.png

上記の図は、「肛門直腸角度」をあらわしています。
左側は、西洋式トイレに座っている状態。右側は「スクワッテイング」、すなわち「しゃがんで」排泄している状態です。
右側はねじれが小さいですよね。
この姿勢がスムーズな排便を促すのです。




Squatty Pottyという、アメリカで販売されている西洋式トイレ専用の足踏み台もありますが、家にあるお風呂いすやその他台の代わりになるものであれば何でも、「しゃがむ」状態を作り出せます。

homepage-concept1.png


すっきりした排泄は、健康的な人生に欠かせません!
どうぞ試してみて下さい
テーマ: 健康管理 -  ジャンル: ヘルス・ダイエット
by Theracua Staff  at 10:47 |  健康ニュース |   |  trackback (0)  |  page top ↑

牛乳とがんの関連性

こんにちは。
7月に入り、暑さも少しずつ本格的になってきましたね

今日は私たちが普段良く口にする牛乳とがんに関する、ハーバード大学の最新の研究についてお届けします。



ハーバード大学の研究「がんと工業的農場からの殺菌牛乳との関連性」
(2012年2月27日ナチュラルニュースより)

真実がまた科学の土台を揺るがした。最新のハーバード大学からの研究によると牛乳がホルモン依存性のがんと関連性があることがわかったのだ。
農場で牛を育てる時に用いる集中的家畜餌やりシステム(CAFO)が原因で、危険なくらい高濃度のエストロン硫酸、エストロゲン化合物を含むミルクが量産されており、それが睾丸や前立腺のがん、乳がんに深刻な影響を及ぼしていることがわかった。

Davaasambuu博士とその同僚は、特に近代的な乳製品農場における大規模で牛を狭いところに閉じ込めるシステムで、妊娠中の牛も含め年に300日以上搾乳するような農場からの牛乳が問題の原因だと特定した。博士の故郷であるモンゴルの殺菌しない牛乳、出産後の最初の6ヶ月のみ搾乳されるものと比べた場合、大規模農場からの牛乳に含まれるエストロゲン化合物の割合は33倍もあった。世界中のデータと検証してみても、高ホルモン牛乳の消費とホルモン依存性のがんとの関連性がはっきりとみられる。

アメリカの疾病予防管理センターや農業組合、酪農関連団体が私たちに信じ込ませていることに反して、大規模農場からの加工牛乳は健康なものではなく、がんの誘発に直接関与するのだ。

博士いわく、「昨今私たちが飲んでいる牛乳は、私たち祖先の飲んでいたものとはかなり違っています。2000年もの間、牛乳を飲むことに問題はなかった。しかし私たちが現在飲んでいる牛乳は「自然からの恵み」だとは言い難い。」

その一方で、自然の草を食べ、適したタイミングに搾乳されている牛の牛乳は、消化吸収と免疫力を高め、がんの予防にもなる。すべての牛乳は「同じもの」ではない。牛の育ち方、搾乳のタイミング、どのように牛乳が扱われ加工されるかで、その牛乳が健康的かそうでないかの違いが生じてくるのだ。



牛乳は私たちが子供のころから、学校給食を通して飲み続けているものですから、「真実」を知らないままでいるのはこわいことです。日本ではまだ一般的ではありませんが、牛乳を飲む場合は、ハッピーカウ(オーガニックの草や飼料を食べ、放牧され、自然に近いかたちで飼育される牛を欧米ではこう呼びます)からの恵みを選択できるようになるといいですね。
テーマ: 健康管理 -  ジャンル: ヘルス・ダイエット
by Theracua Staff  at 13:31 |  健康ニュース |   |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Theracua Staff

Author:Theracua Staff
鍼灸治療院セラキュア
ホームページへ

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック